わけのわからないまま、相続手続きをして負債を、かかえてしまいそうで不安です

精神病を患って施設に入所していた母が亡くなりました

後見人をたてていて、手続き等はまかせっきりでした

わずかな預貯金、資産価値のない築40年のマンションの1室が遺産として残ったようです(後見人である司法書士が、母が亡くなった際に電話で伝えてきました)

これからの流れとして、預貯金の凍結解除、マンションの鍵の受け渡し、で終わるとは思いますが、わけのわからないまま、相続手続きをして負債を、かかえてしまいそうで不安です

その後見人の司法書士に相談しようにも、早く手を引きたいような感じで、(もっとも、なくなったのだから役目は終了となるのですが、、)今後どうすれば良いのかさっぱりわかりません

(原文の通り)

私のお答え

【リライト:2021/12/21】【回答:2017/04/27】  
家庭裁判所で「限定承認の申述」という手続きをされてはいかがですか。

お母様にもしも負債があった場合、相続した財産の範囲で返済します、というものです。

但し、限定承認の申述は、お母様が亡くなって3ヶ月以内でないとできません。

大阪市北区で遺言、相続、成年後見を専門にしている行政書士の西川智子です。
ご参考にしてくださいね。

このコーナーはYahoo!知恵袋で私がお答えした内容をプレイバックしたものです。

知恵袋には実名、顔だしで専門家として答えるシステム(現在は終了)がありました。私も老い支度のプロとして登録させていただき、質問者の悩みに私なりの意見を書かせて頂きました。質問の意図がよく分からず期待する答えではなかったものもあるかとは思いますがご参考にしていただけたら幸いです。
知恵袋を通して、皆さんがどんなことでお悩みかを知ることができたいへん勉強になったと同時に、正解はないかもしれませんが、私なりの考えを発信していきたいと考えます。

マイベストプロ専門家コラム

PAGE TOP